新潟市北区 S様

2010年7月より稼働中 3.2kWシステム

私は、2010年7月に太陽光発電を採用してから今日まで毎日のデータを取り続けております。

その結果見えてきたのは、5月~9月の間で消費量よりも発電量の方が多く、買電量よりも売電量の方が多くなる事がわかりました。その変わり目である4月と10月に関してはほぼ同量(イコール)となっていました。

各家庭の電気消費量(買電量)は、冷暖房などの電気設備や家族構成で変わってきます。

やはり暖房や冷房などが消費量(買電量)に大きく影響してきます。

一方で発電量と売電量は季節の変化、日照時間に左右され、必然的に冬期間は低くなります。

しかし少ないながらも発電はしています。

感じたことは、せっかくの冬晴れの日、絶好の発電日和なのに、パネルが積雪で覆われ発電されません。

1度、屋根に上がりパネルの雪かきをして発電させたこともありますが、足を滑らせ屋根から落ちてしまいました。幸い怪我はありませんでした。

その後家族から屋根に上がるのを止められてしまいました。

何か安全で、低コストでパネルの消雪が出来れば、冬の発電量も上がるのにと思っております。

節電すればするだけ消費量(買電量)が下がり、出費は抑えられますが、寒さや暑さには我慢できません。

細やかに不要な電気を使わない意識が大切だと思っております。

また、節電にはLED照明が非常に効果的です。初期投資がかかるので長期的に段階的にLED照明に替えられることをお勧めします。

太陽光発電 無料電話相談室~あなたの疑問に太陽光発電のプロがお答えします~

0120-330-463
受付時間:平日午前9時~午後18時まで(お盆・年末年始を除く)

ホームページを見たとお伝え頂くとスムーズにご案内できます。
当社ではお電話頂いた方への営業活動は行っておりません。
どのようなご質問でもお気軽にお問い合わせください。

  • テクノナガイ
  • 住まいのナガイ
  • 新潟の省エネ
  • 新潟県太陽光発電導入促進協議会