農地転用型太陽光発電

農地転用型太陽光発電で遊休農地・耕作放棄地に太陽光発電が設置できる!

こんなお悩みありませんか? 農地転用太陽光発電のメリット

テクノナガイの安心ソーラーにおまかせください!

農地転用太陽光発電の例 太陽光発電は、作った電気を電力会社に売ることができるからです

農地転用型太陽光発電について

農地転用型太陽光発電とは…

農地なのだけど、誰も農業する人がいない。そのままにしておくのももったいないし…何か、有効な方法はないだろうか?
あります!農地転用型太陽光システム
農地を太陽光発電所として、有効活用することで、売電収入が得られ、地球環境にも貢献ができます。

農地転用太陽光発電図解

太陽光発電とは…

太陽光発電は太陽光電池(ソーラーパネル)を設置し、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換します。太陽光発電は、発電時に騒音もなく、排気ガスも排出しません。とても環境にやさしいクリーンなエネルギーなのです。つくった電気は電力会社が買い取ってくれます。

太陽光発電図解

全量買取制度について

全量買取制度とは…

再生可能エネルギーで発電した電力を、電力会社が固定の価格で全量買い取ることを義務付ける制度です。

平成24年7月にスタートした「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」。これは、再生可能エネルギーの普及を図るため、太陽光発電などの電力を、電力会社に一定期間・固定価格で買い取ることを義務付けたものです。特に10kW以上の設備においては、買取期間が20年と長く、発電量全量を発電することも可能なため、売電収入による経済メリットが大きくなります。買取価格・期間は、原則年度ごとに見直されます。

全量買取制度の買取価格・期間

平成26年度の買取価格は以下のとおりです。買取価格は基本的には年度ごとに見直しが行われます。(一度売電がスタートした方の買取価格・期間は当初の特定契約の内容で『固定』されます。)

■買取価格が適応されるのは、以下の2点を満たした場合
・接続契約の申込みの書面を電気事業者が受領した時(申し込みを撤回した場合に、接続検討に要した費用を再エネ設備設置者が支払うことに同意していることが必要です。ただし、10kW未満の太陽光は除きます。)
・経済産業大臣の設備認定を受けた時

■買取期間は、特定契約に基づく電気の供給が開始された時点からです。 (試運転期間は除きます)

全量買取制度の買取価格・期間

施工事例

太陽光発電 無料電話相談室~あなたの疑問に太陽光発電のプロがお答えします~

0120-330-463
受付時間:平日午前9時~午後18時まで(お盆・年末年始を除く)

ホームページを見たとお伝え頂くとスムーズにご案内できます。
当社ではお電話頂いた方への営業活動は行っておりません。
どのようなご質問でもお気軽にお問い合わせください。

  • テクノナガイ
  • 住まいのナガイ
  • 新潟の省エネ
  • 新潟県太陽光発電導入促進協議会