佐渡でもミニメガソーラー

施工内容 佐渡市 S生協様 日立 53.46kWシステム
工期 平成25年12月

最近は企業様から大容量のご依頼が多く、佐渡で工事のご依頼を頂きました。

今回は日立(CISモジュール)を採用しました。このパネルは曇りでも発電してくれるのがウリです。

野立ての太陽光発電としては、弊社で初の50kWクラスとなりました。

2mの杭を地中に打って、杭と連結させたブロック型の基礎を作ります。

積雪の荷重にも耐え、風圧にも耐えるためには、足元(基礎)が重要です。

ブロック型の基礎の上に、土台となる架台を取り付けていきます。

その架台が傾いていると太陽光パネルも傾き、強度にも影響するので高さをしっかり高さを合わせます。

続いて、土台の上に太陽光パネルを理想的な角度へ傾斜させるための架台(骨組み)組んでいきます。

積雪地域の場合は、この骨組みを多くして積雪に対応したり、傾斜をきつくして雪対策を図ります。

架台へ太陽光パネルを取り付けていきます。

ここまでくれば全体像がみえてきますね。

太陽光パネルの電線をつないだり、ブレーカーやそれらの収納箱を取り付けたり、電気を変換するパワーコンディショナーを取り付けたり、などの電気工事を進めます。

やっと工事も終盤戦です。工事におよそ1ヶ月かかりました。

この太陽光発電がイタズラされない為に、周囲をフェンスで囲みます。

最後に東北電力の電柱から線を繋いで完成です。

今回の設置場所が佐渡ということもあり、インターネット回線を使った遠隔監視を出来るように工事しました。

こうすることで、本土に居ながら佐渡の発電量・運転具合が確認でき、安心して設置していただけました。

現地へ見に行くのが容易でない場合に重宝します。ご要望があればお気軽にどうぞ。

太陽光発電 無料電話相談室~あなたの疑問に太陽光発電のプロがお答えします~

0120-330-463
受付時間:平日午前9時~午後18時まで(お盆・年末年始を除く)

ホームページを見たとお伝え頂くとスムーズにご案内できます。
当社ではお電話頂いた方への営業活動は行っておりません。
どのようなご質問でもお気軽にお問い合わせください。

  • テクノナガイ
  • 住まいのナガイ
  • 新潟の省エネ
  • 新潟県太陽光発電導入促進協議会