過積載という設置方法

売電単価の減少に伴い、「過積載」という設置方法が増えています。

この過積載を簡単に説明しますと、パワーコンディショナの定格出力を大幅に上回るモジュール(パネル)を設置することで、最大限の売電収入を確保するための設置方法です。

 

今までの設置方法だと、パワーコンディショナとモジュールの出力はおおよそ同じでした。

この設置方法だと天候の悪い日など、モジュールが最大限に発電していないときは、パワーコンディショナにも余裕がありました。

 

しかし、過積載は、この余裕をなくすため、パネルの枚数の通常の2倍程度まで、

多く設置することで、パワーコンディショナが常にフル稼働する設計となっております。

来年度も売電単価は下がる見込みですが、過積載で設置すれば、十分対応できます!

 

使わない土地を有効活用したい、広い屋根を有効活用したいなど、ご興味がございましたら

お気軽にお問い合わせ下さい。

筆者:勝見

太陽光発電 無料電話相談室~あなたの疑問に太陽光発電のプロがお答えします~

0120-330-463
受付時間:平日午前9時~午後18時まで(お盆・年末年始を除く)

ホームページを見たとお伝え頂くとスムーズにご案内できます。
当社ではお電話頂いた方への営業活動は行っておりません。
どのようなご質問でもお気軽にお問い合わせください。

  • テクノナガイ
  • 住まいのナガイ
  • 新潟の省エネ
  • 新潟県太陽光発電導入促進協議会